パワーストーンは定期的な浄化でベストな状態に

ベストな状態で長持ちさせるためにも

様々なスピリチュアルな意味合いを持つパワーストーンですが、定期的に浄化をする必要があります。正しい方法で綺麗に保つことはとても重要であり、その方が良い状態で長持ちをするためです。キチンとお手入れをして身につけるようにすると、石にひびが入ったり曇ることも減ります。金具などを使用しているブレスレットなどの場合も、こまめなお手入れは有効であり、金属部分の変色が起こりにくくなるためです。とても繊細なエネルギーを持つ石ですから、お手入れが行き届いていることで、エネルギーを受け取りやすくなります。エネルギーが弱いよりも強い方が良いですし、それだけお守り代わりに持っていても安心感が高いです。

所有者のエネルギーを取り去るのは大きな目的

石に付着をした汚れを取り去る印象があるのが浄化ですが、定期的に除去するのは所有者のエネルギーです。自然界には本来汚れも穢れも無く、個性を持つエネルギーだけが存在をします。他からのあらゆるエネルギーを取り去るのがパワーストーンであり、それを純粋な元のエネルギーへ戻す作用のことです。身につける人間は石の持つエネルギーの影響を受けていますが、反対に石も人間から影響を受けています。マイナスのエネルギーを発しがちな人間のエネルギーを、常に石は受けている状態です。そのエネルギーを取り去る必要があるため、定期的な正しいやり方でのお手入れは必要になります。石に残る人間のマイナスのエネルギーを一度全て取り除いて、繊細な本来の美しいエネルギーを取り戻すためのいわば儀式です。

ホワイトセージや水晶に水を使う方法も

パワーストーンを浄化する方法はいくつかありますので、最もふさわしいやり方でお手入れをすることです。水上の上に石を乗せるのも良い方法であり、のせなくても傍においても構いません。一晩でも良いですが、3日間くらいのせておくようにします。クラスター状のものが水晶には呈していますが、全ての石に応用が出来るので便利です。水を使う場合は水道水を流しながら行いますので、石をさらすときには水を少量流すようにします。時間的な目安は1時間ほどであり、終了後は水分をソフトな布で拭き取ること、水を使わない方が良い石もあるので注意が必要です。お香の煙を使用することもできるので、数回ほど石を煙にくぐらせます。人工成分入りではなく自然なハーブを乾燥したものなどが適しているため、ホワイトセージの葉はピッタリです。